初心者&親指勢のためのバンドリガルパ攻略

初心者・親指勢・無課金・微課金・Android勢向けです。非親指勢向けの内容も一部。

協力ライブ系イベントでは☆2が有効な場合がある

バッジ・チャレンジ・トライイベントでは☆2が有効な場合があります。

それは、編成の主体となるバンドのメンバーで、キャラとタイプ両方ボーナスが付いた☆2であることです。

 

検証

夕影の怪盗団イベで、クールひまりが引けたので検証してみました。

クールアフロ主体に☆4を2枚追加 (総合力234611)

f:id:yshow:20180728070236p:plain



☆2あり全員クールアフロ (総合力208186)

f:id:yshow:20180729220113p:plain

☆2の総合力平均値を約16000として、エリアアイテムボーナスでタイプ20%とバンド42.5%がつくと26280になるため、そこそこ使えるカードになります。

 

実測

計測した平均値 総スコアスキル(%) 自スコア(千) 総スコア(千) スコアボーナス ボーナス倍率 イベントP
クールアフロ主体に☆4を2枚追加 472 1331 6858 75 130 219
☆2あり全員クールアフロ 484 1371 6924 75 150 237

総スコアスキルは、協力ライブのメンバーのスコアスキルを足した数値。

 

☆2ありクールアフロにして総合力が下がっても、マッチングが悪くなっている感じはありませんでした。
スコアボーナスも平均は同じであるため、よりボーナス倍率の高い☆2ありクールアフロの方がイベントPを稼げるという結果に。

 

主体となるバンドメンバー以外の☆2だとどうか

以前、キャラとタイプ両方ボーナスが付いた☆2とタイプボーナスのみの☆3の比較を検証したことがありましたが、どちらも同じ水準でした。

 

 

結論

主体となるバンドのメンバー以外でキャラとタイプ両方ボーナスが付いた☆2であれば、タイプボーナスのみの☆3と同等。

 

主体となるバンドのメンバーでキャラとタイプ両方ボーナスが付いた☆2であれば、タイプボーナスのみの☆4を越えます。

 

 

ただし、☆2を入れることで部屋のランクが落ちてしまうような場合は、確実に協力メンバーの質も下がるはずであるため☆2は入れない方が良いでしょう。

 

 

 

Hey-day狂騒曲(カプリチオ) [ Afterglow ]

価格:1,404円
(2018/7/29 22:15時点)
感想(2件)